外国語教育研究所概要

外国語教育研究所とは?

 久留米大学の全学の外国語教育を各学部の協力のもとに統括する部門です。外国語教育の向上発展に資することも、私たちの存在理由です。

 

どのような構成?

 英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、(学部在籍留学生対象)日本語、の各教育部門から成ります。

 

スタッフの規模と仕事内容は?

 11名の外国語専任教員が、約70名の非常勤講師と若干名の学部所属専任教員の協力を受け、さまざまな科目のコーディネーションと授業担当を行いつつ、外国語教育、言語、文化などについて研究に取り組んでおり、研究成果を、各専門分野の学会や専門誌上で発表しています。研究所が発行する「外国語教育研究所紀要」に論文を掲載することもあります。

 

設置はいつ頃?

 1993年4月に設置されました。

 

どのような理念に基づく組織?

 外国語教育研究所は下記の理念を掲げています。本研究所の理念は「言語教育を通じて多言語、多文化が併存する国際社会ならびに地域社会の平和的・共生的発展に貢献する人材を育成すること」である。その際、次の諸点を教育目標として重視する。

 

1. 国際社会のなかで自立した一員として活躍できるよう、コミュニケーションツールとしての外国語運用能力を育成する。

 

2. 自他の文化を理解し尊重する態度を育み、地域文化への関心を高める。

 

3. 生涯にわたって他者と協同し、自己開発・自己実現を達成するための基礎づくりを支援する。 

 

以上の目的を実現するために、所員は、言語、文化および言語教育の研究に励み、世界の動向に適切な対応をつねに心がける。

 

©2019 by 久留米大学外国語教育研究所. Proudly created with Wix.com