なぜ外国語が必要なのですか?

例えば:九州のGDP (国内総生産)は日本経済の10%を占めています。2017年、九州は5.9兆円の物資やサービスを輸出し、輸入額は5.7兆円でした。

言い換えれば、九州に住む何千という人々が中国、オーストラリア、韓国、サウジアラビア、アメリカ、台湾、香港、アラブ連合首長国連邦などの国・地域と外国語を使って仕事をしていろことになります。

詳細は九州経済業局のサイト

 

©2019 by 久留米大学外国語教育研究所. Proudly created with Wix.com